三味線の基本(構え・バチ)

<三味線の持ち方(構え方)>

写真は椅子に座っていますが、正座の場合も基本は同じです。

まず背中はまっすぐ伸ばします(ちょっとお腹をだすくらい)。
顔はできればまっすぐ前をみます。

Mae1

三味線はお腹にしっかりつける感じで右足太ももより

ほんのちょっと外に胴が出るくらいにします。
持つ角度は糸巻きが自分の顔 (目線) よりちょいと上くらいです。

左手は棹を下から軽く持ち上げる感じで持って、肘は自然におろします。
右手はバチの持ち方を参考にして、脇をかるくしめる感じで肘を引く感じです。
※個人差がありますのであくまで参考です。

Yoko1

ばちの持ち方 (たたき方) に注意して下さい。

手首がしっかり曲がっています。絶対に手首は開かないようにします。
皮を上から叩くようにします(決して皮をこすらない)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<バチの持ち方> 

Bati_2

上からわしづかみの感じで手を広げてかぶせる。
親指を撥先に合わせ(1~1.5cm位あける)。
真ん中の指3本は外側。小指は内側。
小指の角度に注意。広げて撥の側面に合わす。

左:いい例 
中:悪い例、小指が中にはいっている 
右:上からのイメージ

 

横からみたところ。

Bati2_4

指と撥との間にちゃんとすきまがある。

右:悪い例

※初めての方が特に難しいと感じるのは小指の形だと思います。

これは小指が内側にはいると撥の押さえがきかなくなり撥がすべってしまうのです。
最初の内にしっかり慣れておかないとあとで矯正するのはかえって大変なので頑張りましょう。